業務内容

相続サポート業務

大切な人が亡くなり相続が発生した時に必要な書類の収集・作成、また各種手続きの代行業務。(登記手続き・相続税の申告手続き等は提携している各専門家と協力して行います。) 相続が発生すると財産関係(生命保険の請求は除く)の手続きをするためには、遺産分割協議書が必要とされます。また、有効な遺産分割協議書を作るためには、故人(被相続人)と相続財産を受け取る人(相続人)の戸籍などが必要となります。また、財産の種類によっては、その他必要な書類もあります。 世田谷相続・遺言相談所では、必要な手続きのアドバイスから、代行業務までどんな細かいことでもお客様の身になって行わせていただきます。

遺言作成サポート業務

効力のある遺言書を書くためには、法律で決められた方式で書かなければなりません。残された家族のために作成した大切な遺言書が無効になってしまっては意味がありません。また、法律上は有効な遺言書であっても、場合によっては残された家族が改めて遺産分割をしなければならない場合もあります。遺言書作成のアドバイス、サポートをさせていただきます。

尊厳死宣言書作成サポート業務

「尊厳死」とは、「回復の見込みのない患者に対して、過剰な生命維持治療を差し控え人間の尊厳を保ちながら死を迎えること。」 回復の見込みがないににもかかわらず、生命維持装置を使用しながらの延命は、ご家族に対して精神的な負担は非常に大きなものになります。また、場合によってご家族は医師から「延命治療を続けますか?止めますか?」という究極の選択を迫られるのです。どちらを選ぶにしても非常に大きな負担になることは想像に難くありません。そのような大きな負担をご家族にかけないためにご本人が元気なうちに「尊厳死宣言書」を作成することが家族への愛情を示す方法の一つです。そんな方のために「尊厳死宣言書」の作成のお手伝いをさせていただきます。

エンディングノート作成サポート業務

エンディングノートの作成は、人生の軌跡を再確認する作業であり、これからの人生をよりよく生きていくためのスタートラインを確認する作業です。一度エンディングノートの作成をすることをお勧めします。世田谷相続・遺言相談所では、「相続診断協会」「終活カウンセラー協会」のエンディングノートをご用意しております。

ハッピーエンディングサポート

お一人で生活をしている方が何かあった時に、対応する「見守り契約」
判断能力が衰えた時に備えるための「財産管理契約」「任意後見契約」
死後の葬儀・埋葬の手続きを行う「死後事務委任契約」
※死後事務委任契約は任意後見契約、見守り契約と共にご契約いただきます。
その他 なんでもご相談ください。

ミーティング・講演

ミーティング

形式張らずに遺言や相続について話をしてみたい。1対1の相談までではないけれど、終活・遺言・相続について疑問を解決したい。ご自宅、喫茶店などご指定の場所へ伺います。終活・遺言・相続ネタをざっくばらんにお話しませんか。
4名以上でお申込みで、エンディングノート無料プレゼント

講演 応相談

終活・遺言・相続をテーマにお話をさせていただきます。

世田谷相続・遺言相談所は《普通の家庭》のための相続・遺言コンサルタントです。
相続手続きサポート・遺言作成サポートを適正価格で行います。

logocontact

カテゴリー

記事検索

過去の記事

「相続は準備が9割」



編集協力・監修いたしました